はじめての方へ
西田整形外科にお任せください 院長挨拶
お電話でのお問い合わせ 027-280-2233  お気軽にお問い合わせください。
西田整形外科アクセス

広い駐車場で安心して駐車が可能です。
(駐車可能台数は70台)

前橋・桐生の整形外科・リウマチなら西田整形外科 ホーム  こんな症状の時は整形外科へ



こんな症状の時は整形外科へ

指や手首に激痛が走る、指が曲がらないといった悩みがある方は腱鞘炎の可能性がありますので、早めに整形外科の利用をおすすめします。群馬県の前橋・桐生伊勢崎に密着した西田整形外科では、腱鞘炎をはじめ、打撲や捻挫、骨折、関節痛など様々な症状に対する治療を行っています。

指や手首が痛い方は狭窄性腱鞘炎の恐れ

こんな症状の時は整形外科へ

腱鞘炎とは、腱と腱鞘の間に炎症が起こっている状態を指しています。関節は筋肉によって動き、その筋肉とつながっているのが腱です。腱は腱鞘というトンネルを通って動くことで関節がスムーズに曲るようになるのですが、炎症が起こると腱鞘が腫れ、この部分が滑らかに通過できなくなるのです。狭窄性腱鞘炎の代表的な症状に「ばね指」と「ドケルバン」というものがあり、発症する原因は様々です。

腱鞘炎になりやすい人の特徴として下記のことが挙げられます。

  • 美容師やピアニスト、楽器を演奏するなどよく手を使う職業の方
  • キーボードやマウスを使うのが多い方
  • 妊娠出産期の女性
  • スポーツを頻繁にする方

腱鞘炎を放置すると

腱鞘炎を放置すると

初期段階は指や手が何となく凝っている、倦怠感、動きが鈍くなっているなど軽い症状から始まります。しかし、そのまま放置して仕事や家事を続けては間違いなく悪化します。段々と痛みが増し、熱や腫れを感じるようになり生活に支障をきたします。そして、さらに悪化した場合は手術をするという手段になるため、悪化する前に治療することが大切です。

多少のことは我慢する人が多いですが、我慢=美徳ではありません。特に身体の疾患に関する我慢は大変危険です。早期改善を目指すためにも、痛みが気になり始めたら、早い段階で整形外科を利用しましょう。

群馬県にある西田整形外科では、外科やリウマチ科、リハビリテーション科、整形外科の診療を行っています。前橋市や桐生市伊勢崎市の地域密着医療として病気やケガの治療に取り組んでいますので、お気軽にご相談ください。また、診療や治療だけではなく機能訓練やマッサージにも力を入れ、より良い医療が行えるよう日々努力を重ねております。

医療法人 賛功会 西田整形外科 027-280-2233 診療科目:・整形外科・外科・リウマチ科・リハビリテーション科 診療日:月曜日〜土曜日 休診日:水曜午後・日曜・祝日 診療時間:9:00〜12:00 14:30〜18:00(土曜は17:00迄)
このページのトップへ