はじめての方へ
西田整形外科にお任せください 院長挨拶
お電話でのお問い合わせ 027-280-2233  お気軽にお問い合わせください。
西田整形外科アクセス

広い駐車場で安心して駐車が可能です。
(駐車可能台数は70台)

前橋・桐生の整形外科・リウマチなら西田整形外科 ホーム  スマホユーザーに多い手首や指の腱鞘炎



スマホユーザーに多い手首や指の腱鞘炎

多くの人が利用しているスマートフォン。様々なことが楽しめ便利ですが、一方で「スマホ腱鞘炎」という言葉があるのを知っていますか。そう考えるとスマホユーザーが多い現代では決して他人事ではありません。一体、スマホ操作の何が影響を及ぼしているのでしょうか。

スマホ操作が及ぼす影響とは

スマホ操作が及ぼす影響とは

スマホは片手で操作することも多いです。しかし、片方のみで操作を繰り返していると、筋肉の使い方に偏りが生じます。そうなると、手と腕の筋肉や関節に負担がかかりやすくなります。また、スマホでは関節を曲げている時間が長く続き、これも腱鞘炎の原因として考えられます。スマホ操作で関節を曲げている時間が長いほど筋肉が凝り、血液の流れが滞ってしまいます。

スマホ腱鞘炎は長引きやすい

スマホはプライベートだけではなく、ビジネスシーンでも欠かせないツールの1つです。腱鞘炎の改善にはその原因から遠ざかる必要がありますが、生活の必需品であるスマホを遠ざけるのは極めて困難なのが現状です。そのため、手と腕の負担を減らすことが難しくなります。

簡単なセルフチェック方法

簡単なセルフチェック方法

こちらでは指の腱鞘炎を見極める、簡単なチェック方法を紹介します。まず、親指を他の指で包み込むようにゲンコツを作ります。そして、ゲンコツを作っている腕を真っ直ぐ前に伸ばします。この際、ゲンコツの向きは小指が床側です。さらに親指を握った状態で腕を真っ直ぐに伸ばし、手首をひねって小指側(床側)に倒します。この状態で親指の根本〜前腕部に痛みを感じるようなら、手や腕に負担がかかっていると考えられます。

痛みを感じる場合は腱鞘炎の前兆という可能性が高いです。痛みを悪化させないためにも整形外科などの受診をおすすめします。

群馬にお住まいの方で腱鞘炎にお悩みなら、西田整形外科をご利用ください。群馬県前橋市にある西田整形外科では、関節リウマチなどの関節痛や腰痛、肩こりなど様々な症状による疾患に対応しています。整形外科や外科、リウマチ科、リハビリテーション科の診療を通して、健康管理のお手伝いをさせていただきます。検査や手術、リウマチ科に関して知りたいなど、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

医療法人 賛功会 西田整形外科 027-280-2233 診療科目:・整形外科・外科・リウマチ科・リハビリテーション科 診療日:月曜日〜土曜日 休診日:水曜午後・日曜・祝日 診療時間:9:00〜12:00 14:30〜18:00(土曜は17:00迄)
このページのトップへ